働きやすい保育園の見分け方!ホワイト(良い)保育園の特徴!

保育士転職の基礎知識

プロモーション

保育士として働くなら、やはり働きやすい保育園を選びたいですよね!

この記事では、働きやすい保育園の特徴や見つけ方のコツを、詳しく解説していきます。

保育士の転職や就職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

働きやすい保育園の見分け方

働きやすい保育園の見分け方をご紹介します。

給料

家賃補助制度や給料引き上げ制度を活用している保育園を選ぶと、毎月の収入が増えます。

給料の水準や昇給の頻度も確認しましょう。

労働環境

閉園後も明かりがついていないか、ICT化を導入しているか、行事が多すぎないか、開所時間が長すぎないかなどをチェックしましょう。

残業代が出るか、有給休暇が取りやすいかも重要です。

人間関係

スタッフの平均年齢や離職率が参考になります。

笑顔で挨拶が出来ているかや、子どもがイキイキとしているかなども確認しましょう。

 

他にも、保育理念や施設情報、保育内容などに共感できるかどうかも大切です。

自分の希望や条件に合った保育園を探すためには、マイナビ保育士などの保育士転職サイトを活用するのがおすすめです。

働きやすい保育園とは?(ホワイト保育園)

働きやすいホワイト保育園の特徴をご紹介します。

雇用条件や福利厚生がしっかりしている

  • 給料やボーナスが充分にある
  • サービス残業はない
  • 有給取得率が高い
  • 休日数が充実している
  • 開所時間が長すぎない
  • 行事や書類が少ない など

教育体制が整っている

新人保育士や新しく採用された保育士に対して、知識面や精神面でのサポートや研修がしっかりと行われている。

人間関係が良好

仲間や上司とのコミュニケーションがスムーズで、協力し合える雰囲気がある。

保育士が働きやすい環境・職場

保育士が働きやすい職場環境は、自分に合った勤務条件や保育方針、人間関係、施設環境などが揃っていることが言えます。

勤務条件が自分に合っている

勤務時間や休日、給与や福利厚生など、自分のライフスタイルや希望に合った条件で働けることが重要です。

保育士の年収は交渉できることもあります。

マイナビ保育士などの転職エージェントなどを利用すれば、自分の価値に見合った待遇を得ることも可能です。

保育方針が理想に近い

保育の目的や方法、カリキュラムや評価など、自分の保育観と園の保育方針が一致していることが望ましいです。

自分の保育観や教育理念に合った園で働くことで、やりがいや充実感を感じることができます。

自分に合った規模の園

園の規模によっても、保育士の役割や責任、人間関係などが変わってきます。

自分に合った規模の園を選ぶことが大切です。

人間関係が良い

上司や同僚、保護者とのコミュニケーションが円滑であり、相談しやすくフォローし合える環境であることが大切です。

職員の表情が明るく笑顔が多い場合、職場環境がよく、風通しがよい職場です。

保育士の年齢層がばらけている

経験豊富な先輩から学べたり、若い力を活かせたりすることで、互いに刺激し合える職場であることが良いです。

施設が衛生的

園庭や園舎の清掃や消毒、安全対策などがきちんと行われており、子どもたちが安心して過ごせる環境であることが必要です。

良い保育園の特徴

保育士にとって良い保育園の特徴をご紹介します。

人間関係が良い

保育は連携プレーなので、他の先生と一緒に保育するのが楽しく、子どもの成長を喜びあえる保育園が働きやすいです。

報告や連絡・チームワークがしっかりと取れている保育園では、急にお休みをとることになっても、お互い様と捉えて嫌な顔せず快く引き受けてもらえます。

チームワークが取れると、仕事をみんなで分担したり、困ったところを助け合い、残業も少なくなり、大きくつまづくこと無く業務をこなせます。

 

子どもたちに問題児が多いよりも、スタッフで合わない人が多い方が働きにくいです。

合わないとお互いに険悪になることが多くなり、とても働きにくいです。

 

女ばかりの職場だと、どうしてもギスギスしたりいざこざがありがち。

人間関係が円滑だと働きやすいです。

みんなでいい意味でゆるく働けている職場だと、居心地もよく過ごせます。

子どもの表情がイキイキしている

いい雰囲気の保育園だと、子どももイキイキとしていてとてもいい表情をします。

こちらも嬉しくなり、ほっこりした気持ちで保育することが出来ます。

ある程度自由な保育

保育に対して信念のようなものが一つあって、やり方は個人個人に自由な方が働きやすいです。

ガチガチに決まりがあると仕事がしにくく、子どもたちにも柔軟な対応がしづらいです。

相手は人間なので、決まった対応だけだと疲れてしまいます。

残業・持ち帰り仕事が少ない

できるだけ時間内に仕事が終わるように職場全体が意識していることが大切です。

だらだら仕事をしていたり、時間外に残ることが当たり前になっている職場だと帰りにくいし、毎日疲れてしまいます。

所属長を中心に業務をできるだけ簡素化したり、サクサクと動けるように工夫がなされていることが大切です。

 

もし勤務時間内に仕事が終わらなければ、保育中に事務時間を確保してくれたり、残業手当をきっちりと付与してくれる職場がいいです。

園長・主任も子どもと遊ぶ

園長先生や主任の先生がどれだけ子供達とよく接しているか、または接し方で、その園の方針が見えてきます。

園長先生が子供達1人ひとりの名前を覚えていて、話をよくしていると、子供達も園長先生が大好きで、近寄ってきます。

主任の先生が子供達と一緒に遊んで、1人ひとりの事をよく見ていると、気になる事があれば職員に伝えてもらえます。

そんな園は人間関係もよく、みんながよく笑い、子供達と一緒になって楽しんでいて、とても働きやすいです。

 

現場の保育士のことを考えてくれ、日々改善してくれる園長先生がいる職場なら心強いです。

固定勤務制

小さい子どもがいるお母さん保育士や、主婦の保育士だと、シフト制ではなく固定勤務の方が働きやすい場合も多いです。

正社員にママ保育士がいる

小さい子どもがいるお母さんでも正社員保育士として働ける職場は働きやすいです。

小さい子どもがいると、すぐに熱を出したり体調が崩れることもあるので、休みやすい職場ということが分かります。

休みがとりやすく、代わりの保育士がいる、保育士が配置基準以上に配置されている職場がいいと思います。

 

もし現在の職場に不満を感じている場合は、転職を検討してみるのも一つの方法です。

マイナビ保育士などの求人サイトを利用して、自分にぴったりの職場を探してみましょう。

働きやすい保育園の見つけ方

働きやすい保育園の見つけ方をご紹介します。

情報収集をたくさんする

情報収集をたくさんしましょう。

インターネットやSNS等で検索すると、園の雰囲気から口コミまで、たくさんのことが分かる場合もあります。

保育園で働いていると、あまりいい噂を聞かない園というのは、嫌でも耳にはいってくるので、その園は選ばない様にする事です。

 

次に、保育士をしている友達に働きやすそうな保育園情報を教えてもらいましょう。

同じ業界だと、良い噂の保育園とそうではない保育園、両方耳にするので、周りに情報を聞くのは大切です。

近所の保育園の場合は、近所の方からの情報もあります。

 

職業安定所やネットの求人案内などで保育園の求人を見てみると、いつまでも求人が決まらない園もよくあります。

その園は何か働きにくい状況があると判断して選ばない様にしましょう。

逆に、求人情報にいつもない保育園が出た時はチャンスかもしれません!

もし勤務してる人がいたら口コミを聞くことはとても重要だと思います。

ですが、その人と自分の価値観は違うので相手が「良い」という部分が自分には合わないこともあります。

実際に自分の目で見て、肌で感じることは重要です。

挨拶と笑顔

挨拶・笑顔での対応に人格や保育の質が出るので、しっかりと見ると良いです。

結婚と同時に引っ越しをし、以前働いてたところを退職せざる終えなくなりました。

引越し先の市役所に求人を聞きに行ったら、「こういうところがあるよ」と教えてもらいました。

ネットで調べてみたら良さそうな保育園でした。

 

実際に問い合わせて見学に行ってみたら、凄く雰囲気のいい園長先生、主任の先生、ほかの先生も好印象!

子どもの表情もいきいきとしている園だったので、この環境なら自分も働けそうと思いました。

園長先生を確認

良くも悪くも園長に園の全てが決められます。

園長の保育観がスタッフ教育や方針に反映されるので、どんな考え方をする人なのか、どんな性格の人なのかなど、とても重要です。

園長先生と話した感じで、保育士思いの溢れる方を見分けることが1番です。

年齢層を確認

働いている人の年齢層を確認しましょう。

年齢層が幅広いということは、それだけ長い間働けるということです。

若い方ばかりの場合は、入れ替わりが激しく辞めていく人が多いということなので気を付けましょう。

異動がある園を選ぶ

万が一合わなかった場合に異動が出来る園を選ぶのもコツです。

幼稚園で勤務をしており、うつ病になり退職をしました。

絶対に「人」がいいところを見つけたいと思い、万が一自分に合わなくても異動ができるように規模が大きな(複数園経営している)株式会社の園に転職をしました。

 

いくつかの園のサイトを見て、見学もして、雰囲気を肌で感じ、「ここなら大丈夫そうだ」と決めました。

自分がうつ病になったのは園長からのいじめだったため、とにかく「人」がいいことが第一条件で、残業の具合、給料などは二の次でした。

おすすめの転職サイト

マイナビ保育士

全国の正社員・パート保育士の求人に対応。

特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。

登録しないと得ることのできない、非公開求人がたくさんあります。

ほいく畑

全国の正社員・派遣・パートの保育士の求人に対応。

特に関東・関西・山梨・静岡・山口・福岡・佐賀に住んでいる保育士さんにおすすめです。

土日祝日の転職活動が可能!

登録すると、検索などでは見ることのできない非公開求人の情報を得ることができます。

 

※紹介できる求人などに差があるため、転職サイトは掛け持ちで複数登録するのがおすすめです!

就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談が目的でも登録OKですよ!

 

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験者・資格取得見込みの方も利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用可能。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

ポイントは、複数の保育士転職エージェントに登録して、掛け持ち利用すること。

 

保育士の就職転職サイトは、【非公開求人】というネット上に公開されていない求人をそれぞれ持っています。

一つのサイトに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

 

👑マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応しています。

登録することで、ネット上の検索などでは見つける事の出来ない保育園の求人情報を得ることができます。

 

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手。

 

大手ならではの情報収集力で、他サイトにはない保育園の求人情報がたくさんあります。

一都三県で勤務したい保育士さんには、登録必須のサイトです!

 

👑ほいく畑


ほいく畑は、全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。

取り扱い求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることができない非公開求人の数が多いです。

 

土日夜間でも専任のコーディネーターと相談・面談が可能!

相談だけでも可能なので、経験豊富なコーディネーターと話すだけでも登録する価値がありますよ!

 

転職を考えている保育士さんは、登録しておいて損はありません。

紹介できる求人が異なるため、転職サイトは複数登録しましょう!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました