保育士の残業・平均!厚生労働省・パート・持ち帰りを解説!

悩み

常態化してしまう保育士の残業。

時代の変化に伴い、保育現場でも新たにICTの導入など、様々なことが見直されてきています。

しかし、保育士の業務はICTが導入されたからと言って日常の業務が大幅に軽減されるわけではありません。

今回は、残業を出来るだけしないで保育士として働くポイントやメンタル的なことをお伝えします。

保育士の残業・平均

厚生労働省から発表されている賃金構造基本統計調査によると、保育士の残業平均は月に4〜5時間となっています。

つまり、平均的に1日15分程度しか残業していないことになります。

本当にその程度で済んでいるのでしょうか?

残業代を申請した時間数の平均値であって、実際に残業した時間ではないのではないかと考えられます。

保育士パートで残業

中には、パートでも残業をしなければならない環境にいる保育士さんもいるかもしれません。

パートの場合は残業代が払われるケースが多いでしょう。

パートの場合、10分刻み・30分刻みなど、正規職員よりも短時間の残業から残業代が支給されるのではないでしょうか。

パートさんは時給計算ですので、園側から依頼された時のみの残業となるでしょう。

保育士の残業時間・厚生労働省

初めにお伝えした通り、厚生労働省では保育士の残業平均は月に4〜5時間となっています。

つまり、平均的に1日15分程度しか残業していないことになります。

 

1日15分で本当に済んでいますか?

私は正規職員として勤めていた時、とてもじゃないですが1日15分の残業では業務は終わりませんでした。

 

しかし、1時間(正確には15分の休憩を含む1時間15分)以上の残業でなければ、残業代の申請は出来ませんでした。

1時間以降は、30分刻みでの申請でした。

 

子育てと保育士の両立を始めてからは、まとめて1時間15分も残業をすることができなかったため、朝40分・帰りに45分残業をして、残業代の申請ができずにサービス残業となる日が大半でした。

当時、似たような残業の仕方をしている保育士は沢山いました。

サービス残業ははっきりと把握されていないのが現状だと考えられます。

保育士の残業を減らす

保育士の業務の軽減を目的として、全国の保育園では着々とICTが導入されています。

今まで手書きで行っていた作業が、パソコンでできるようになりました。

パソコンが得意な方は、事務作業が楽になったかもしれません。

 

しかし、自分の休憩時間の中で事務作業をしている保育士も少なくないです。

ICTが導入されたことによって、園内でしかネットワークが繋がらないこともあり、事務仕事の持ち帰りができなくなった方もいるのではないでしょうか。

 

保育園のICT導入によって、保育士の事務作業が軽減された園もあるかとと思いますので、以前よりも残業をすることが減った保育園もあるでしょう。

時代の変化とともに、保育現場も働き方改革が必要です。

保育士の残業・持ち帰り

保育士の事務作業のメインは、日々の日案・週案・月案・期・年間の計画、子どもの姿と反省の記入。

定期的なおたよりの作成、連絡ノートの記入。

日々の設定保育の制作準備。

他にも、行事準備・室内の清掃・遊具の消毒なども行います。

これら全てを勤務時間の中で済ませられる保育士さんは、すごく環境の良い園でお仕事されていると思います。

 

しかし、大体の方が勤務時間内に全てをこなすというのは難しいでしょう。

自分の休憩時間の中で、事務作業をしている保育士さんも少なくないと思います。

 

また、ICTが導入されたことによってパソコンの持ち帰りができなくなった方もいるのではないでしょうか。

そもそも、園児の個人データを園外へ持ち出すことは良くない事ですので、園にいる間に作業をしなければなりませんよね。

これが残業へとつながります。

 

また、日々の設定保育で使う教材などの準備は、自宅でも可能な作業。

早く帰りたくて、持ち帰りの仕事にしてしまう方が多いのではないでしょうか。

保育士の残業理由

大抵の保育園のスケジュールをみると、保育士が休む時間などありません。

子どもの登園受け入れからはじまり、健康チェック、職員の打ち合わせ、設定保育、食事、午睡、目覚め、おやつ、自由あそび… 

このスケジュールの裏で保育士は事務仕事までこなしてるのです。

 

そのため、勤務時間内に作業できない分は、サービス残業や残業・持ち帰りになってしまいます。

残業でしかこなせない業務量は、あなたの責任ではありません。

業務内容が多すぎたり、保育士が事務作業をする時間の確保ができていない園の責任になります。

園全体で、改善策を考えられると良いですね。

保育士の転職・残業なし

世の中には、環境の良い保育園もあります。

今、働いている保育園が全てではありません。

残業がない職場を見つけて、思い切って転職するのも良いですね!

まとめ

昨今ニュースで話題となる保育士。

仕事を抱え込み過ぎて疲弊してしまう方も少なくありません。

 

まずは残業でしかこなせない業務を、自分の責任だと思わないこと。

業務内容が多すぎたり、保育士が事務作業をする時間の確保ができていない園の責任になります。

 

上司や話せる相手に残業状況を伝えてみましょう。

あなたが勇気をもってもって伝えることが、改善のきっかけになるかもしれません。

 

また、勤務時間内に終わらなかったら、割り切って退勤することも大切です。

無理して残業せずに割り切ること。

出来ないことは出来ないと割り切りましょう!

 

がんばりすぎると、上司にそれが当たり前だと思われたり、あなた自身が体調を崩してしまうかもしれません。

出来ないことは出来ない。

なぜ出来ないのか、どうしたら良いのかを園全体のチームワークで考えていけると良いですね。

おすすめの転職サイト

マイナビ保育士

全国の正社員・パート保育士の求人に対応。

特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。

登録しないと得ることのできない、非公開求人がたくさんあります。

ほいく畑

全国の正社員・派遣・パートの保育士の求人に対応。

特に関東・関西・山梨・静岡・広島・山口・福岡・佐賀に住んでいる保育士さんにおすすめです。

土日祝日の転職活動が可能!

登録すると、検索などでは見ることのできない非公開求人の情報を得ることができます。

 

※紹介できる求人などに差があるため、転職サイトは掛け持ちで複数登録するのがおすすめです!

就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談が目的でも登録OKですよ!

 

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験者・資格取得見込みの方も利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用可能。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

ポイントは、複数の保育士転職エージェントに登録して、掛け持ち利用すること。

 

保育士の就職転職サイトは、【非公開求人】というネット上に公開されていない求人をそれぞれ持っています。

一つのサイトに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

 

👑マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応しています。

登録することで、ネット上の検索などでは見つける事の出来ない保育園の求人情報を得ることができます。

 

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手。

 

大手ならではの情報収集力で、他サイトにはない保育園の求人情報がたくさんあります。

一都三県で勤務したい保育士さんには、登録必須のサイトです!

 

マイナビ保育士の口コミを見る

👑ほいく畑

ほいく畑は、全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。

取り扱い求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることができない非公開求人の数が多いです。

 

土日夜間でも専任のコーディネーターと相談・面談が可能!

相談だけでも可能なので、経験豊富なコーディネーターと話すだけでも登録する価値がありますよ!

 

転職を考えている保育士さんは、登録しておいて損はありません。

紹介できる求人が異なるため、転職サイトは複数登録しましょう!

ほいく畑の口コミを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました