男性保育士のデメリットは?割合・少ない理由・偏見も解説!

保育士の悩み

プロモーション

男性保育士が少しずつ増えてきているとはいえ、まだまだ女性が圧倒的に多い保育業界。

以前は保母さんと呼ばれていただけあり、女性のする職業だと考えられていました。

 

男性保育士が少ない理由は様々ありますがその一つに、社会的な偏見やイメージの問題が挙げられます。

本記事では、男性保育士のデメリットについて考えていきましょう。

デメリットを知っていることで現在働いている男性保育士やこれから保育士になりたいと考えている男性にも働き方の参考になるのではないかと思います。

 

男性保育士として働きたい方は、まずはほいく畑に登録すると良いですよ!

専任アドバイザーが、自分に合うホワイト保育園への転職を【無料で】全てサポートしてくれるので、スムーズに就職・転職できます。

\入職後もサポート付きで安心!/

男性保育士のデメリット

男性保育士には以下のようなデメリットがあると考えられます。

偏見・差別

保育士という職業が女性によって占められているため、男性が保育士として働くことに対して周囲の偏見や差別が存在することがあります。

男性保育士は女性保育士に比べ少ないため、男性が一人で複数の女性保育士と働くことになる場合があります。

そのため、コミュニケーションや職場の雰囲気を調整するスキルが求められることもあります。

プレッシャー

男性保育士は、子ども達や保護者から注目されることが多く、それに伴ってプレッシャーを感じることがあります。

また、男性が保育士として働くことに慣れていない保護者からは不信感や疑念をもたれることがあるため、信頼を築くまでに時間がかかることがあります。

援助時の配慮

男性がオムツ交換をする、着替えの援助をするなど、プライバシーに関わる行為を行う場合には女性保育士が行う場合と比べて注意が必要です。

特に、性別によって違いがある行為に関しては、周囲からの評価が厳しくなることがあるため、細心の注意が必要です。

犯罪の可能性

あってはならないことですが、男性保育士が犯罪行為を行う可能性も否定できません。

そのため、厳しい採用基準や監視体制が必要となります。

自分に合う非公開求人を
\紹介してもらえる!/

男性保育士の割合

男性保育士の割合は少なく、圧倒的に女性が多いのが現状です。

男性保育士と一括りで言っても、資格を取得して実際に働いている方とそうでない方がいます。

 

実際、学校で一緒に学び、保育士の資格を取得した友人で今も保育士として働いている人は男女問わず少ないです。

また、私が今まで勤めてきた保育園では、園に一人男性保育士がいるかいないかという状況でした。

このように男性保育士の割合というのは少ないということがわかります。

 

厚生労働省でも男女別の保育士登録者数というものを公表しています。

その中では、令和2年4月1日時点で保育士として登録している人の合計は1,665,549人。

そのうち、男性は82,330人と全体の4.9%程です。

 

実際に園の様子や数字で見ることで現状を掴むことができると思います。

この割合から見ても、保育士という仕事は女性の仕事という認識が強いと思います。

少しずつ保育士になりたいという男性が増えてきていることも事実でもあります。

参考:保育士登録者数等(男女別)厚生労働省https://www.mhlw.go.jp › content

自分に合う非公開求人を
\紹介してもらえる!/

保育士に男性が少ない理由

では、なぜ保育士に男性が少ないのでしょうか?

子育ては女性

まず一つに、男性の中でも、保育士が女性の仕事と考えている方がいるということではないでしょうか?

育児=女性という昔からの雰囲気が残っている面と、育児に男性が参加して当たり前という雰囲気も増えてきたことで、女性だからということは少しずつなくなってきているように思います。

男性でもやれるということを知ってもらうことで男性保育士も増えていくのではないかと思います。

低賃金

二つ目は給料の低さです。

保育士は国家資格であるにも関わらず、給料面は決して良いとはいえません。

仕事の内容や量に対しての対価が伴っていないため、保育士としてはたらき人も少ないのだと思います。

 

昔に比べ家族構成も変わり、核家族の増加に伴い共働きの家庭も増えています。

そのような状況下で、保育士の給料の安さで続けられない方が増え、転職等で保育士を離れている方も多いのでしょう。

同性が少ない

三つ目はそもそも仲間が少ないということです。

男性保育士の先駆けとして働いてきた方も!女性の多い職場に馴染めずに辞めていった方もいると思います。

女性ばかりの職場で気を遣うだけでなく、コミュニケーションをうまく取れなかったという方も少なくありません。

私自身も女性の多い職場に慣れず、ストレスを溜めてしまった時期もありました。

 

このように男性が少ない理由をいくつか挙げました。

理由を見ると納得できる部分がたくさんあったのではないでしょうか?

自分に合う非公開求人を
\紹介してもらえる!/

保育士(男性)への偏見

男性保育士への偏見は、社会的な性別役割分担やステレオタイプによるものが多いとされています。

 

一般的に、保育士という職業は女性が多いことが知られており、男性が保育士になること自体が珍しいとされています。

そのため、男性保育士に対しては、女性的な仕事をしている、異性との接触が多いといった偏見や先入観が存在する場合があります。

 

また、保育園においては、男性保育士が担当するクラスに対して、保護者からの信頼や期待が低くなっているとも言われています。

しかし、男性保育士も女性保育士と同じく、子ども達の健やかな成長や教育に貢献する重要な存在です。

男性保育士が増えることによって、子ども達にとって多様性のある環境を提供することができ、性別に関係なく、保育士としての能力や人格が評価される社会を目指すことが大切です。

自分に合う非公開求人を
\紹介してもらえる!/

まとめ

男性保育士のデメリットについて説明してきました。

  • 男性の割合が少ないため、仲間がいない。
  • 給料が低い。
  • 男性だからという偏見が少なからずある。
  • コミュニケーションを取ることが大変。

このようなデメリットが解消されていくことで、男性保育士が増えていくと感じます。

たくさんのデメリットを出してきましたが、良いところもたくさんあると思います。

メリットを知った上で、デメリットをどのように解消していけるか考えていくことも必要です。

保育士という子ども達の成長を近くで見守れるよさを色々な人に知ってもらいたいです。

おすすめの転職サイト

マイナビ保育士

全国の正社員・パート保育士の求人に対応。

特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。

登録しないと得ることのできない、非公開求人がたくさんあります。

ほいく畑

全国の正社員・派遣・パートの保育士の求人に対応。

特に関東・関西・山梨・静岡・山口・福岡・佐賀に住んでいる保育士さんにおすすめです。

土日祝日の転職活動が可能!

登録すると、検索などでは見ることのできない非公開求人の情報を得ることができます。

 

※紹介できる求人などに差があるため、転職サイトは掛け持ちで複数登録するのがおすすめです!

就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談が目的でも登録OKですよ!

 

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験者・資格取得見込みの方も利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用可能。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

ポイントは、複数の保育士転職エージェントに登録して、掛け持ち利用すること。

 

保育士の就職転職サイトは、【非公開求人】というネット上に公開されていない求人をそれぞれ持っています。

一つのサイトに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

 

👑マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応しています。

登録することで、ネット上の検索などでは見つける事の出来ない保育園の求人情報を得ることができます。

 

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手。

 

大手ならではの情報収集力で、他サイトにはない保育園の求人情報がたくさんあります。

一都三県で勤務したい保育士さんには、登録必須のサイトです!

 

👑ほいく畑


ほいく畑は、全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。

取り扱い求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることができない非公開求人の数が多いです。

 

土日夜間でも専任のコーディネーターと相談・面談が可能!

相談だけでも可能なので、経験豊富なコーディネーターと話すだけでも登録する価値がありますよ!

 

転職を考えている保育士さんは、登録しておいて損はありません。

紹介できる求人が異なるため、転職サイトは複数登録しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました