保育士の退職理由ランキング。本音は?退職を決めたあとの対処法も解説!

保育士転職の基礎知識

プロモーション

保育士の退職理由には、どのような理由がもっとも多く挙げられているのか気になるところですよね。

今保育士として働いている方や、過去に保育士をしていた経験がある方はきっと「わかるわかる!!」と共感してもらえることでしょう。

単に退職理由と言っても、実際のところ本音は違うかもしれません・・・。

こちらの記事では、保育士の退職理由となかなか言いにくい保育士の本音を交えて、ランキング形式でお伝えしていきたいと思います。

まずは求人情報を
\見たいというだけでもOK!/
マイナビ保育士で
非公開求人を紹介してもらう

保育士の退職理由ランキング

それでは早速退職理由をランキングでお伝えしていきましょう!

厚生労働省のデータを元に、全部で10個あげていますので理由も含めご覧ください。

10位:転居

働いている園の近くに住んでいた方が、例えば結婚や家庭の都合により転居となるケースです。

家庭を持っている世代の方や、生活が変わる転機を迎える若い人に多いですね。

保育士は残業などが多い職業ですから、なるべく家の近くの職場で働いて通勤の負担を減らしたいという気持ちはとても理解できます。

9位:子育て・家事

特に小さなお子様がいる方に多いのがこの理由です。

保育園などに預けてはいても、突然の発熱でお迎えにいかないと行けない状況になることも多いのが現実です。

子育てと仕事の両立は、近くに頼る人がいなかったり、家庭内での協力がなければなかなか難しいです。

これによって、仕事を辞めざるをえない状況になる場合があります。

8位:他業種への興味

保育士の仕事を長年してい方や、若い方に多いこの理由。

違う職種に興味を持つことは誰にでもあることだと思います。

実際に私も、保育士として毎日エプロンやジャージで仕事をしていた為か、お洒落をしたOLさんたちがとてもキラキラして見えて憧れた頃がありました。

「休憩中に同期や先輩と外でランチしてみたい!」なんて夢をみるのです。

この気持ち、きっと保育士をしている方なら、ご理解いただけますよね?

7位:結婚

これは退職理由あるあるですね!

というよりは、保育士の世界ではこの理由が一番退職しやすいのです。

 

それ以外の理由は、職場の関係上なかなか言い出しにくい・・・と思いがちなのです。

正当な理由として言いやすく、保護者からも祝福されながら退職できる幸せな辞め方とも言えるでしょう。

6位:健康上の理由(体力を含め)

正直、保育士は精神的に追い詰められることも多い現場です。

気持ちが折れてしまう方が多いのも事実です。

 

実際に私も何人か気持ちが折れてしまった方もみてきました。

体力勝負の仕事でもあるので、いざ働いてみたら休憩も満足にとれず、休日も持ち帰りの仕事をしたりと体調を崩しやすくなってしまう方もいます。

この理由については、時折「え?本当に?嘘ついてるんじゃ・・・?」と思ってしまうケースもあるんですけどね。

5位:妊娠・出産

こちらの理由も結婚同様、職員からも保護者からも理解されやすい理由ですね!

私も妊娠出産をきっかけに現場を離れた保育士の一人です。

退職せずに一度産休育休をもらい、育休後にさらっと退職する方が多いのも事実です。

4位:労働時間が長い

この辺りから保育士の実情が理由に挙げられてきます。

保育士はサービス残業をすることが多く、定時に退勤することはほぼ皆無と言っても良いでしょう。

余程要領よくこなしても、全ての業務を勤務時間内に終わらせることは困難なのです。

休日も持ち帰りで保育の準備をしたりと、何かしら作業していることも多いんですよ。

体を十分に休ませられるほどの時間は少ないことから、保育士を辞めたいと思ってしまうのです。

3位:仕事量が多い

労働時間が長いことと同様の理由にはなりますが、保育士はとにかくやることが多いんです。

日々の保育の準備、行事に向けての準備、製作物、月案などの資料作り、面談の準備などなど・・・絶え間なくやることが飛び込んでくるのです。

やってもやっても終わらない!なんてことばかりです。

長年働き続けていると要領を掴んで作業効率は上がってきますが、最初の2〜3年は本当に辛いんです。

2位:給料が安い

これは声を大にして伝えたい!!

保育士は体力仕事、子どもたちの安全を責任を持って管理している、人手不足、専門職、休みも返上で作業している、保育士がいないと世の中の働く方達が困る!

それなのにどうしてこんなにも給料が安いのか・・・本当に不満でしかありません。

もっと給料が貰れば、頑張ってくれる保育士はたくさんいると思います。

これについてはもっと多くの人に理解して欲しいと思います。

1位:職場の人間関係

一番多く挙げられているのがこの理由ですが、これはどこの職場でもそうなのではないでしょうか。

どんな仕事もいくらきつくても、上司や同僚との関係が良ければ切磋琢磨して頑張れますよね。

保育士の世界にも、残念ながら後輩いびりをしたり、同僚同士不仲になってしまうケースも多いのです。

特に同学年にクラスがいくつもあって、互いに比べ合ってしまうことも不仲の原因になるのではないでしょうか。

「子どもたちをもっと育てていきたい」「うちのクラスの子が一番!」と思うのは担任をしていれば当たり前のこと。

この気持ちを前面に出すだけでなく、園全体で子どもの成長を見守り、促していくという考えに統一して、職員みんなで仲良く協力していけると良いのですが。

大人なので、苦手な人とでもうまく付き合っていくスキルを身に付けることも大切なことですね。

保育士の辞める理由ランキングと本音は違う

以上10個の理由を挙げましたが、実は本音は違うなんてことも・・・。

例えば「園の方針ややり方に不満があってここよりももっと良い職場を見つけたので!」なんて言えないですよね?

そんな時に「他業種に興味があって挑戦したいんです」と嘘をつくのです。

 

その背景には、

  • 円満に退職したい
  • 本当の理由を伝えると引き止められる可能性がある
  • 退職を伝えた後すぐに辞められるわけではない

という理由があります。

 

保育士は基本的に秋ごろに退職の以降を伝え、年度末に退職となります。

そうなると退職を伝えた後も長い時間一緒に仕事をしますから、園長や上司に嫌な気持ちを抱かれてしまっては困るわけです。

自分の気持ちが固まっているのに、引き止められるのもなかなか辛いです。

そうならないように、当たり障りのない理由を見つけて、伝えている場合も多いのです。

保育士が退職を決めた時の対処法

それでは実際に退職の以降を決めたらまずして欲しいことをお伝えします!

退職時期を決める

まずは退職の時期を考えましょう。

保育士の場合、多くは年度末退職になるかと思いますが、それ以外の時期に辞めたい場合はなるべく早く伝えなければなりません。

転職活動はもちろん、クラスの子どもたちの状況を後任の先生に伝えることにも時間を有するので、できることなら半年前には決めると動きやすいです。

転職に求める条件を決める

転職をする際に求める条件を予め絞っておきましょう。

自分の中で譲れないものを3つほど絞ると転職活動の際に役立ちます。

希望が多すぎると、全て兼ね備えている園を見つけることはなかなか難しくなりますのでなるべく絞ってください。

家からの距離、給与(時給・月給)、働き方(パート・正職)、勤務時間、園の規模などですね!

転職サイト・エージェントに登録をする

大体の希望が決まったら、転職サイトやエージェントに登録してみましょう!

自分で希望にあった園を探すのはなかなか大変なもの。

登録さえしておけば、転職サイトなどの担当者が連絡をくれて相談に乗ってくれます。

自分の希望にあった園をいくつか紹介してくれたり、サイトによっては直接縁からスカウトがきたりするのです。

働きながらの転職活動はとても大変なので、少しでも自分で行動する手間が省けるように活用してみてくださいね!

まとめ

保育士の退職理由と、本音、退職を決めた後の対処法をお伝えしてきました!

幸せな理由もあれば、ちょっと辛い現実的な理由も多くみられましたね。

 

退職したい理由と現実は違うこともあると思います。

仕事をしている以上、悩みを持つことは誰にでもあります。

 

この記事を読んでくださった保育士の方には、保育士という仕事に就いたことには誇りを持って、明るい未来を築いて欲しいと願っています。

おすすめの転職サイト

マイナビ保育士

全国の正社員・パート保育士の求人に対応。

特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。

登録しないと得ることのできない、非公開求人がたくさんあります。

ほいく畑

全国の正社員・派遣・パートの保育士の求人に対応。

特に関東・関西・山梨・静岡・広島・山口・福岡・佐賀に住んでいる保育士さんにおすすめです。

土日祝日の転職活動が可能!

登録すると、検索などでは見ることのできない非公開求人の情報を得ることができます。

 

※紹介できる求人などに差があるため、転職サイトは掛け持ちで複数登録するのがおすすめです!

就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談が目的でも登録OKですよ!

 

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験者・資格取得見込みの方も利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用可能。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

ポイントは、複数の保育士転職エージェントに登録して、掛け持ち利用すること。

 

保育士の就職転職サイトは、【非公開求人】というネット上に公開されていない求人をそれぞれ持っています。

一つのサイトに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

 

👑マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応しています。

登録することで、ネット上の検索などでは見つける事の出来ない保育園の求人情報を得ることができます。

 

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手。

 

大手ならではの情報収集力で、他サイトにはない保育園の求人情報がたくさんあります。

一都三県で勤務したい保育士さんには、登録必須のサイトです!

 

マイナビ保育士の口コミを見る

👑ほいく畑


ほいく畑は、全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。

取り扱い求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることができない非公開求人の数が多いです。

 

土日夜間でも専任のコーディネーターと相談・面談が可能!

相談だけでも可能なので、経験豊富なコーディネーターと話すだけでも登録する価値がありますよ!

 

転職を考えている保育士さんは、登録しておいて損はありません。

紹介できる求人が異なるため、転職サイトは複数登録しましょう!

ほいく畑の口コミを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました