保育士でピアノが弾けないから辞めたい!解決策5選!

悩み

保育の現場ではピアノを弾く場面があります。

ピアノが得意な人であれば、悩むことなく簡単にピアノを弾くことができますが、そもそもピアノが得意ではなく、悩んでしまう保育士さんもいますよね。

 

小さい頃からピアノを習っていた人ではなく、保育士を目指してからピアノを練習した人もいると思います。

ピアノが弾けないことで思い悩んでしまい、ピアノのプレッシャーから保育士を辞めたくなる人も少なくありません。

 

今回はピアノが苦手な保育士さんに向けてお伝えします。

 

自分に合う
\非公開求人を紹介してもらえる/

保育士でピアノが弾けないから辞めたい

ピアノが弾けないことで辞めたいと思っている人は、よっぽどピアノが苦手なことでしょう。

中には、『ピアノを弾くことが苦手だし保育士の仕事も好きではないから辞めたい』と思う人もいるかもしれません。

 

保育士の仕事は好きなのに、辞めたい理由が『ピアノが弾けないから』で保育士を辞めてしまうのは、残念です。

せっかく保育士の仕事自体は好きであるのならば、その『ピアノが弾けない』という部分をカバーできるには、どうすればよいのか?を考えていきましょう。

保育士になるはピアノが弾けないとダメ?

ピアノが弾けないからといって、保育士ができないわけではありません。

ただ、仕事をする上では、少しだけ苦手なことがあるというだけです。

『わたしはピアノができません』とはじめから全くできないと決めつけるのではなく、できないなりに努力はすると良いでしょう。

 

園によっては、ピアノを弾けることが必須条件であったり、面接の際に課題曲がある園もあります。

しかし、ピアノに対してあまり厳しくない園もあります。

 

わたしが就職活動をしていた際に感じた印象ですが、幼稚園のほうがピアノを弾けることが条件のところが多かったです。

ですので、職場を選択する際には、ピアノを弾けることが必須なのかどうか、確認しておくと良いですよ。

 

わたしの短大の同期でピアノが本当に得意ではない子がいたのですが、なぜかピアノが高レベルで、倍率の高い人気の幼稚園に面接を受けに行ってしまいました。

右手しか弾けない・左手は全てドレミのみでしたが、ピアノよりも人間性を認めてもらい、見事就職することができていましたよ。

 

自分に合う
\非公開求人を紹介してもらえる/

保育士のピアノはどの程度?

保育園では毎日歌を歌います。

その時にピアノの伴奏が必要になります。

得意な人は楽譜を見て初見ですぐに弾くことができます。

また、楽譜がなんとなく頭の中にはいっていて簡単に弾くことができたり、うらやましいですよね。

 

けれども、クラスの中だけで自分の担当する子どもたちと歌う分には、意外とピアノを使わないで歌うこともあります。

最低限これだけはできると良いという条件としては、右手・もしくは左手の簡単な伴奏だけ弾くことができれば良いでしょう。

そう考えると、少し気持ちがかるくなりませんか?

ピアノが弾けない保育士の解決策

ピアノが弾けない保育さんの解決策としては、実はたくさんあるのです。

得意な人にピアノを弾いてもらう

複数担任でクラスを担当している場合、他の保育士がピアノが得意な人がいると、ラッキーですね。

正直に自分のピアノが苦手だとうことを伝えて、ピアノは得意な保育士にお願いして、そのかわりに自分も何か率先して担当できることを考えて、申し出ましょう。

そして日頃の感謝を伝えることをお忘れなく!

行事のピアノははじめから断る

行事などでピアノを誰が担当するか?という話題が会議の中で議題としてあがったときには、他の人にお願いしましょう。

もし名指しされた場合には、正直に実力を伝えて、はじめに断りましょう。

CDを使用する

どんな歌でも、探せば音源がある世の中です。

便利ですよね。

手拍子とアカペラで乗り切る

ピアノが弾けなくても、手拍子とアカペラで乗り切ることもできます。

わたしが保育園で働いたときに、毎月3曲ずつ決められた歌がありました。

ピアノの練習が追いつかないときは、手拍子をしたり手遊び風にして子どもたちと歌っていました。

どうしても両手の練習が間に合わないときには、片手だけ練習して、乗り切ることもありましたよ。

片手だけ練習する

とりあえず片手だけ弾くことができれば、弾いていることになります。

ピアノの音があるだけで雰囲気が違いますから、片手だけでもピアノを弾くことができれば、良しです。

保育士でピアノが弾けない人OKの求人

保育士の中にも、様々な業種があります。

全くピアノの必要ない求人もあります。

  • 屋内キッズパーク(ショッピングモールの中にある遊び場のスタッフ)
  • ベビーシッター
  • 院内の託児スタッフ
  • パート保育士 など

 

自分に合う
\非公開求人を紹介してもらえる/

ピアノが弾けないからといって、保育士資格が取れないわけではありません。

保育士として働くことができないわけでもありません。

必ず保育士として働くことのできる道はあります。

 

わたしが働いていたときに感じたことですが、新卒の保育士は『ピアノが弾けるもの』と思われている印象です。

けれども、中には苦手な子だっているのです。

若いからという理由で、ピアノが弾けると勝手に上司に思われているのです。

 

しかし、子育てがひと段落して保育士資格をとった40歳以上の保育士に関しては、面接の際に「ピアノが弾けないんです」と自ら申告し、それで良しとされている印象です。

 

若いって、時に不利ですよね。

若いからって、なんでもできるわけではないですし、期待をされすぎても困りますよね。

 

自分に合う
\非公開求人を紹介してもらえる/

まとめ

今回はピアノが苦手な保育士さんに向けてお伝えしてきました。

はじめから『ピアノはできない』と決めつけるのではなく、できないなりに少しの努力や、考え方次第で、いくらでもピアノが弾けないことはカバーできます。

 

わたしはピアノが弾ける弾けないよりも、子どもとの関わり方や、保育士自身の人間性が大事だと思います。

ピアノが弾けないからといって、保育士を諦めることはないと思いますよ。

 

自分らしく働くことのできる職場に出会えると良いですね!

おすすめの転職サイト

マイナビ保育士

全国の正社員・パート保育士の求人に対応。

特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。

登録しないと得ることのできない、非公開求人がたくさんあります。

ほいく畑

全国の正社員・派遣・パートの保育士の求人に対応。

特に関東・関西・山梨・静岡・広島・山口・福岡・佐賀に住んでいる保育士さんにおすすめです。

土日祝日の転職活動が可能!

登録すると、検索などでは見ることのできない非公開求人の情報を得ることができます。

 

※紹介できる求人などに差があるため、転職サイトは掛け持ちで複数登録するのがおすすめです!

就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談が目的でも登録OKですよ!

 

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験者・資格取得見込みの方も利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用可能。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

ポイントは、複数の保育士転職エージェントに登録して、掛け持ち利用すること。

 

保育士の就職転職サイトは、【非公開求人】というネット上に公開されていない求人をそれぞれ持っています。

一つのサイトに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を逃してしまう可能性があります。

 

👑マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応しています。

登録することで、ネット上の検索などでは見つける事の出来ない保育園の求人情報を得ることができます。

 

一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手。

 

大手ならではの情報収集力で、他サイトにはない保育園の求人情報がたくさんあります。

一都三県で勤務したい保育士さんには、登録必須のサイトです!

 

👑ほいく畑


ほいく畑は、全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。

取り扱い求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることができない非公開求人の数が多いです。

 

土日夜間でも専任のコーディネーターと相談・面談が可能!

相談だけでも可能なので、経験豊富なコーディネーターと話すだけでも登録する価値がありますよ!

 

転職を考えている保育士さんは、登録しておいて損はありません。

紹介できる求人が異なるため、転職サイトは複数登録しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました