保育学生が一般企業に就職!子ども関係の一般企業を紹介!

働き方

保育学生が一般企業に就職することは、できるのか、気になりますよね。

保育学生が一般企業に就職することは、可能です。

就活で保育学生が保育士と一般企業とで迷っているのなら、まずは一般企業に就職するのが良いでしょう。

保育士から一般企業への転職はハードルが高いですが、逆であればいつでも可能だからです。

保育士資格での一般企業(新卒)の求人や子ども関係の一般企業についてご紹介します!

保育学生が一般企業に就職はできる?

保育学生が一般企業に就職することはできます。

就活中の保育学生が、保育士か一般企業かで迷っているなら、一般企業に就職するのが良いでしょう。

理由は下記のとおりです。

  • 保育士の給料は、安い傾向
  • 保育士から一般企業への転職はハードルが高い
  • 保育士は処遇改善される可能性がある

 

保育士から一般企業への転職はハードルが高めです。

保育士から一般企業への転職となると、未経験・フリーター・専門卒可の様な求人を選ぶことになります。

良い条件で就職するのは、難しいかもしれません。

 

逆に、一般企業に就職後、やっぱり保育士に転職する、というのは割と簡単です。

保育士は人手不足の現状があるため、自分の条件に合う転職先を選ぶこともできるでしょう。

一般企業で培ったパソコンやビジネスなどのスキルは保育の仕事に活かせる場合が多いです

保育士資格で一般企業(新卒)

保育士資格者で一般企業で新卒として働くことは可能です。

保育学生が在籍している学校にも、一般企業からの求人は入ります。

新卒は、保育士が一般企業に就職するには就職しやすい状況となります。

 

保育士の求人と一般企業の求人とでは、新卒の就職活動の開始時期が大きく異なりますので、注意しましょう。

一般企業は、3月には新卒用の企業情報が公開され、6月には内定が出始めます。

新卒の保育士の就職活動は、夏から秋にかけて開始される傾向があります。

 

一般企業と保育園の両方で就職活動をして、内定をもらってから決める、というのは難しいでしょう。

志望動機を工夫する

一般企業への志望動機をしっかりと考えておくことも大切です。

特に保育施設に就職しない理由については、面接で詳しく聞かれるでしょう。

採用担当者が納得できるような理由を考えておきましょう。

事務系の資格を取得する

保育学生で一般企業に就職したい場合は、事務系の資格を取得しておくと良いでしょう。

パソコンスキルなどは、もし保育施設で働くことになっても活かすことができます。

TOEICなども受けておくと役に立ちますよ!

保育学生が一般企業に新卒で就職するメリット

一般企業は成果次第で給料が上がる可能性が高いです。

アパレル販売員や写真館のスタッフなどは、売り上げが直接給料に反映されることも多いです。

 

大手企業などは、福利厚生制度が充実していることも多いです。

給料以外の手当やサービスを受ける事ができるでしょう。

保育学生が一般企業に新卒で就職するデメリット

保育学生が一般企業に新卒で就職するデメリットをご紹介します。

一般企業は保育園とは異なり、景気の影響を受けやすいです。

不景気になると給料が減ったり仕事がなくなったりする可能性もあります。

また、好景気で仕事が増えた場合、残業が続いたり休日出勤になってしまう可能性も考えられます。

 

さらに、ビジネススキルや経営学などについて学んだ人と共に働くことは、保育を専門に学んだ保育学生にとって、レベルに差を感じてしまうことも多い様です。

保育学生が就職しやすい一般企業

保育学生が就職しやすい一般企業として、直接子供の相手をする仕事がある様な一般企業や、子ども関係の商品を扱う一般企業があります。

子ども関係の一般企業

子ども関係の一般企業をご紹介します。

子ども関係の一般企業は、子供用品を販売する会社と考えると分かりやすいです。

子ども服関連のアパレル系や、玩具、教材など多岐にわたります。

直接子どもと接する仕事を考えると、イメージしやすいですよ。

子ども服関連企業

子ども服を扱うブランドの販売員など、子ども服関連の一般企業は、保育学生にとって就職しやすい一般企業の一つでしょう。

子どもの発達を学び、成長に関する知識がある保育学生はお客様の悩みを解決するスキルを持っていると言えるでしょう。

育児用品関連企業

育児用品関連の一般企業は、おもちゃやオムツ、子ども用食器などの一般企業となります。

子どものための商品を開発・販売することが仕事なので、保育学生として子どものについて学んだ知識を活かすことができます。

育児用品関連の一般企業では、保育学生など、子どもの知識が豊富な学生の採用に力を入れていることもあります。

企業の採用ページをチェックしてみましょう。

株式会社が運営する保育園

株式会社が運営する保育園であれば、一般企業が運営をしています。

保育士として一般企業に就職できる働き方です。

認可外保育園

認可外保育園の運営母体は、一般企業であることも多いです。

認可外保育園であれば、保育士として一般企業に就職することができますね。

写真スタジオ

子ども向けの写真スタジオで働くことも選択肢の一つです。

日々たくさんの子どもを接客するため、保育士資格を活かすことができます。

幼児教室

幼児教室で、幼稚園受験や小学校受験対策の講師をしたり、知育の授業をしたりすることもできます。

英会話教室

子ども向けの英会話教室で講師として働いたり、受付をしたりすることもできます。

一般企業が運営していることが多いので、調べてみましょう。

テーマパーク

テーマパークや子ども向けの施設も、一般企業が運営しているところが多いです。

たくさんの子どもが訪れるため、保育士としてのスキルを活かすことができます。

野外活動センター

野外活動センターの中には、一般企業が運営しているところがあります。

その様なところを探して就職するのも良いでしょう。

家族連れや子どもが多く来るので、保育士として学んだことを活かすことができるでしょう。

放課後デイサービス

放課後デイサービスの運営母体は、一般企業であることがほとんどです。

障がいがあったり、配慮が必要だったりする子どもたちを見る仕事です。

子どもとたくさん接して仕事をすることができます。

学童保育

一般企業が運営する学童保育施設が増えています。

小学生を見る事になるので、保育園とは違ったやりがいがあります。

ベビーシッター

一般企業が運営をしているサービスに登録して、ベビーシッターとして働くこともできます。

習い事(水泳・体操など)の先生になる

体操教室や水泳教室などの多くは、一般企業が運営をしています。

子どもと身近に接することができ、成長を見守ることもできます。

特に運動が得意な保育士さんにとっては、楽しい職場でしょう。

ピアノが得意な保育士さんは、子ども向けのピアノ教室の先生も可能ですよ!

保育士資格での一般企業の求人

保育士資格での一般企業の求人を見つけるために最も簡単なのは、保育士の転職サイトに登録することです。

保育園の求人ばかりのイメージですが、実は一般企業の求人も豊富なんですよ!

 

マイナビ保育士:コンサルタントの質、ナンバー1。
大手マイナビが運営しているので、一般企業の求人も豊富です。
1都3県に特化(東京・神奈川・千葉・埼玉)。

 

ジョブメドレー保育士:検索型の保育士転職サイト。
登録をするだけでスカウトが届くので、自分のペースで仕事が探せます。
大手のジョブメドレーが運営。

求人サイトを活用

一般企業の求人サイトに登録をするのも良いでしょう。

新卒・第二新卒であれば、求人も豊富ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました